スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発、東京消防庁ハイパーレスキュー隊の活動に最敬礼!

福島第1原発は今日も予断を許さない危機的状況下にある。

そんな中、
東京消防庁の消防救助機動隊
いわゆるハイパーレスキュー隊の活動には本当に頭が下がる。
まさしく命をかけた活動である。
放射線による被ばくと隣り合わせの作業で、
その現場は極度の緊張に包まれていることは想像に難くない。

今日の3号機の作業の先頭に立つ隊長の言葉が、
「自分の被ばく線量が最大ならば、
 隊員は自分より安全。
 それが我々のやり方だ。」

この言葉は、
強固な正義感と使命感がなければ出てこない言葉であると思う。
私達は、
この勇姿に最敬礼でこたえるしかない。
心から作業の安全を祈らざるを得ない。

話は変わるが、
この原発の状況を伝えるニュース等で見聞きする
「シーベルト」という単位について調べてみた。
「シーベルト」とは、
放射線を浴びた際の人体への影響を示す単位で、
自然界にも放射線があり、
日常生活では年間約2.4ミリシーベルト、
1時間あたりで0.274マイクロシーベルトの放射線を浴びていることになるそうだ。
1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルト。

ちなみに今日の作業での最高値を示した隊長の線量計の値は、
27ミリシーベルトであった。

<参考記事>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110324-00000122-jij-soci
関連記事

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

最新記事
カテゴリ
プロフィール

トトさん

Author:トトさん
40代サラリーマンの私。やっぱり世の中の動きって気になりますよね。私もその一人です。だからヤフーニュースのチェックは欠かせませんね。

月別アーカイブ
おすすめ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。