スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅首相、福島避難所初訪問(2) もっと早く来てほしかったと不満。

■菅直人首相が21日に訪問した福島県田村市の市総合体育館。
 原発事故から1カ月以上が経過しての政府トップの初訪問に、
 避難している住民からは
 「もっと早く、修羅場だったころに来てほしかった」
  などと不満の声が上がった。

 この避難所には、
 東京電力福島第1原子力発電所が立地する
 大熊町など同原発から半径20キロ圏内に
 居住していた住民ら59人が避難している。
 内訳は、
 20日現在で大熊町の34人をはじめ、
 双葉町の6人や南相馬市の2人など2市2町1村の計59人。
 東日本大震災の発生直後には、
 着の身着のままで逃れてきた約2000人が生活していた。

 同体育館の外で昼食の準備をしていた大熊町野上の飲食業、
 市川スミさん(63)は
 「もっと早く、
  大勢の人で足の踏み場もない状態を見てほしかった」
  と不満げな様子。
 「3月12日の朝に家を出たままなので
  一時帰宅でも良いから帰りたい。
  でも、やっぱり原発事故の収束が一番の願い」と訴えた。

(引用記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110421-00000537-san-soci
関連記事

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

トトさん

Author:トトさん
40代サラリーマンの私。やっぱり世の中の動きって気になりますよね。私もその一人です。だからヤフーニュースのチェックは欠かせませんね。

月別アーカイブ
おすすめ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。