スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力安全委班目(まだらめ)氏、ほんとに反省してる?これがお役所仕事の実態か。

今回は実際の記事に沿ってコメントしようと思う。
長い記事は少々端折らせていただきます。


*内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長は27日、衆院決算行政監視委員会に参考人として出席し、東京電力福島第一原子力発電所の事故発生後、原子力安全の専門家の現地派遣が遅れたことを認めたうえで、「本当に失敗だったと反省しております」と述べた。

■実に残念な言葉ですね。
 常日頃から原子力の安全について考える仕事なのに、
 一体どんな仕事をしてきたんだろう。
 それに「失敗」とは何なのか?
 「失敗」の反対は「成功」
 では、
 その「成功」とは何なのか?
 失敗とか成功とかという問題なのか、
 多くの疑問符が頭に浮かぶ。

*国の防災基本計画では、原子力災害の発生時には、同委の「緊急事態応急対策調査委員」ら専門家を現地に派遣すると定めている。しかし、地震発生直後に現地に派遣したのは事務局職員1人だけだったと説明。結果的に、安全委が政府の現地対策本部(福島市)に専門家2人を派遣したのは4月17日で、班目委員長は「大変遅くなってしまった」と対応の遅れを認めた。

■更に残念な言葉ですね。
 何で、
 派遣に1ヶ月以上もかかるの?
 そんなに遠いの?
 それとも放射能が怖かったの?

*また、班目委員長は、地震発生日の3月11日、安全委が調査委員40人に携帯メールで連絡を取ろうとしたがつながらず、交通機関もストップしたことから、数人しか集まらなかったことも明らかにした。

■本気で集めようとしたのかな?
 携帯メールだけなのかな、
 連絡を取る方法は?
 
 これが、
 お役所仕事ですよ。

 しかも高給取り…

(参考記事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110427-00001025-yom-soci

関連記事

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
プロフィール

トトさん

Author:トトさん
40代サラリーマンの私。やっぱり世の中の動きって気になりますよね。私もその一人です。だからヤフーニュースのチェックは欠かせませんね。

月別アーカイブ
おすすめ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。